top of page
  • 営業の悩み相談所

営業は一歩ずつ 営業マンは疲れた表情を浮かべながら、灰色のビル街をぼんやりと歩いていました。彼の背中には、重たそうなブリーフケースが揺れています。福岡営業の悩み相談所 ZOOMコンサルティング対応

営業マンは疲れた表情を浮かべながら、灰色のビル街をぼんやりと歩いていました。彼の背中には、重たそうなブリーフケースが揺れています。この日も彼は訪問先がなく、先週の成果に欠ける自信とともに、ひとり寂しく営業の道を彷徨っていました。


街は静まり返っていました。人々は忙しそうにビルから出入りし、彼らの目には希望と目標が輝いているように見えましたが、彼にはそんな輝きが見えませんでした。彼はただただ、足取りを重くして歩いているだけでした。


道端には風に揺れるポスターや看板がありました。しかし、それらは彼にとってはただの風景であり、彼の心を打つものではありませんでした。どんなに踏ん張っても、彼の努力は報われることなく、営業という仕事は彼にとって孤独で厳しいものに思えました。


彼は街の喧騒から少しだけ離れると、公園のベンチに座りました。疲れた体を休めながら、彼は自分の思いを巡らせました。なぜ自分はこんなにも苦しい営業の道を選んだのだろうと、自問自答するのです。


彼の心にはやるせなさが広がりました。孤独感と挫折感が彼を襲い、一人前の営業マンになるためには、まだまだ遠い道のりが待っていると感じられました。しかし、彼は諦めずに立ち上がりました。このままでは何も変わらないという思いが彼を駆り立てました。


再び歩き始めると、彼の足取りは少し軽くなりました。未来への希望と、成功への渇望が彼を前へ進ませたのです。彼は決意を胸にしまい込み、新たなチャンスを求めて街の中を再び歩き始めました。


営業はつらい道のりかもしれませんが、彼は自分の信念と努力を胸に、次の訪問先を見つけるために前へ進んでいくのでした。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page