top of page
  • 営業の悩み相談所

銀行の預金獲得営業について  福岡営業の悩み相談所

銀行の預金獲得営業は、新規の顧客から預金口座を獲得するための営業活動です。以下に、預金獲得営業のアプローチやポイントについて説明します。

  1. ターゲット設定とリサーチ: 預金獲得のためには、まずターゲットを設定しましょう。例えば、特定の年齢層や収入層、地域などを対象にすることができます。また、ターゲットに関する情報を収集し、顧客のニーズや要望を理解することも重要です。

  2. プロモーション活動: 預金獲得のためには、効果的なプロモーション活動が必要です。広告やキャンペーン、セミナーなどを活用し、銀行のサービスや特典を顧客にアピールしましょう。また、オンライン広告やソーシャルメディアも効果的な手段です。

  3. 個別のアプローチ: ターゲット顧客に対しては、個別のアプローチを行いましょう。顧客のニーズや目標に合わせた提案をし、預金口座のメリットや利点を明確に伝えることが重要です。顧客との信頼関係を構築し、長期的な関係を築くことを目指しましょう。

  4. クロスセリングの活用: 預金獲得の際には、クロスセリングを活用することが有効です。顧客に関連する金融商品やサービスを提案し、総合的な顧客満足度を高めることができます。例えば、投資商品やローン商品などを紹介することで、顧客のニーズに応えることができます。

  5. フォローアップと顧客サービス: 預金口座を開設した顧客に対しては、フォローアップと顧客サービスを行いましょう。定期的な連絡やフォローアップの電話、問い合わせへの迅速な対応など、顧客との関係を維持し、顧客満足度を高めることが重要です。

以上のポイントを考慮しながら、預金獲得営業に取り組むことで、銀行の預金口座数を増やし、顧客のニーズに応えることができます。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page